2009年08月23日

盲腸線駅で絶妙立ち飲み@河内永和

12月30日
JR新路線「おおさか東線」に乗るために河内永和で下車。
そもそも「おおさか東線」は貨物線で、そこに駅を作って片町線放出関西線久宝寺を結ぶようにしただ。だから、こんな取ってつけたような駅舎になる。

それに放出久宝寺を結んでも都心へ移動に使えない盲腸線みたいなものなだ。このダイヤを見てもわかるおりに


平日朝7時台に4本・8時台に3本運転って
やる気無いでしょ!というか、無さ過ぎ!
だいたい「放出」って普通に読めないよね。

「ほうしゅつ」でしょう、普通。「ほうで」(音訓)も「はなしゅつ」(訓音)も変。訓訓「はなで」から「はなてん」に至るは想像はできないし…まあ、小さい頃から「はなてん」覚えるもので想像するものではないわな。
この駅に降りることがあるは思っていもいなかったので、記念に一杯飲まないいけない。
近鉄線だし?絶対に立ち飲みがあるはず…あった!
しかも近鉄高架下にどぉん構えていた。
やっぱり、近鉄沿線だ、東大阪だ、こうこなくちゃいけないよ。絶妙ですわ。
1 粋酔 

とりあえず「生中おでん」

中ジョッキは、こうでなくちゃいけない大きさで、380円。
おでんは一品90円だって、いいねぇ…こうでなくちゃいけないお値段だよ。
先客が牡蠣フライをオーダー。サーブした瞬間に兄ちゃん目が合う。なんという絶妙タイミング!
「こっちも牡蠣フライおくれ。」
「へい!」
中ジョッキを飲み干した瞬間に兄ちゃん目が合う。なんという絶妙タイミング!
「そうやなぁ、焼酎、麦、水割りおくれ。」
「へい!」
晩ご飯があるので、2杯2品で引き揚げだよ。4桁いってしまったか、1100円。
でも、やっぱり、近鉄沿線だ!東大阪だ!
こうでなくちゃいけないよ。

JR最寄り駅まで電車に乗り、そこから軽く40分歩いて帰宅。
晩ご飯は、八宝菜温豆腐でポイントGET缶チューハイ無制限呑み。
いいかげんなところでダウン…撃沈。
posted by しま at 22:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。