2009年09月06日

薀蓄と「からすはもの」@新宿

4月22日(続き)

三丁目の焼き鳥屋「海老忠」を出てから、御苑大通りを渡り、二丁目ゾーンに突入。ここにも以前から気になってしょうがないお店があるのだ。

1 からみ処 粧
 

DSC00546.JPG


からみって辛味でしょう?…それとも絡み酒の絡み?
22時前だけど、店内に先客は1人…(それも後から聞くと早番で上がったスタッフとのこと…爆!)
で、スタッフが温かく迎えてくれました。
なにかしら、とっても凝っているお店。
ビールは、八海山の蔵元醸造の生地ビールをいただく。

「新宿で飲めるのは、ここだけです!」

おやおや、先ほど飲んできた「ホイス」もあるじゃん。
「新宿で飲めるのは、3軒だけです!」

「えっ!?今、海老忠で飲んできた…」
「もう、一軒は西武新宿のほうですね。」

どうも薀蓄が深いようだ。
付き出しは「鯵南蛮漬け」やや固めで骨まで柔らかいということではない。
DSC00549.JPG

八海山地ビールにあう食べ物ということで「甘いトマト」をいただく。
魚介類は、三崎と羅臼直送らしい。
「からすはもの干物」が、本日の羅臼産お勧めらしい???
「から、すわもの」?
「からす、刃物」?
「からすわ、もの」?

正解は…
「烏鱧の干物」
漢字で書いてくれぇ…爆!
出てきたものを見て、びっくり!皮が黒いのだ!そして、味付けをしていないのに脂の旨みが押し出してくるのだ。恐るべし、羅臼。
DSC00548.JPG

飲み物をホッピーに切り替えて、いよいよお店の名物「辛味麻婆豆腐」に突入!
DSC00547.JPG

これはこれは…この香辛料の使い方、いいですねぇ。特に山椒が泣かせます!
「どこかで修行されたんですか?」
「いやぁ、食べ歩きはしましたけど。」

よくわからないが、どうも薀蓄が深いようだ。
焼酎中を追加するとミニグラスみたいなのに焼酎を入れて、追加の氷を持ってきてくれた。
「90CCですね。」
「そうです、うちはこのスタイルなんです。」

どうも飲み方にも薀蓄があるようだ!?
このこだわりと接客の加減は、二丁目でもかなり癖があるだろうなぁ。
後から一人客が入ってきただけでしたが、私はまた行きますよ。
いい感じでシンデレラ帰館。乾燥機から洗濯物をピックアップしてから、おやすみしました。

(2009/04/26 20:20)
ラベル:居酒屋 鮮魚
posted by しま at 22:12| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。