2009年09月19日

魔王完食後の×××@池袋〜新宿〜羽田

6月4日

朝から池袋遠征。午前中、客先訪問でランチタイムは、つけ麺の街で散々迷った挙句…

1 つけ麺岡崎

TVで紹介されたような看板が出ていたこのお店に偶然に入ってしまう。あの階段が地獄への階段だったとは知る由もない…
その名も「魔王」という激辛メニューがあったのだ。それは外せないでしょ。
ということでオーダー。1000円といい値段だ。麺も中盛+50円にする。
その時、もう一品サービスで辛汁かライスかデザートがつくとのこと。
「魔王に辛汁って、意味ないですよね。」

「そうですねぇ〜
魔王のつけ汁は辛汁の10倍の辛さですから。」


一瞬オーダーを取りやめようかと思いましたが、逆転の発想で「じゃあ、つけ汁が食べられないほど辛かったら、辛汁につけて食べよう。」ということにする。いわば、魔王つけ汁のバックアップで辛汁ってことだ。
で、かなりの時間待たされて…キタァァァァァ!!!
なんじゃこりゃ?マグマか溶岩か?
どろどろの汁が石鍋で熱せられて…
渦を巻いている!唖然…
これを食べるのか?




麺も結構な量が来た。つけ麺なので冷たいところがまだ救いだ。
石鍋に入れた麺は、あっという間に熱くなってしまうので、もうひぃひぃ、ふぅふぅ言いながら、汗を拭きながらの格闘!


しかし、食べられない辛さではない。かといって、するする食べれる代物では決してない。
中本を思い出すと、こちらの方がまだ食べやすいかもしれない。
で、荒行苦行の魔王対決は、完食で勝利?それでもかなり苦戦したよ。

晩は、宿で丸栄惣菜で練習して、またまた…

2 ねこ膳

いつものようにホッピー飲みながら、今日は和風をつまみにする。

「芋煮&ひじき煮」


さくっと切り上げて、翌日に備える。

6月5日

朝は、気分が優れるはずも無く、牛乳・ヨーグルトを自席でいただく。
午前中の排便ですが…
色が異常でした!赤というか黒というか、濃かった!爆!
昼も食欲などあろうはずもなく、カップ麺でしのいで、夕方前に新橋客先遠征。
終了後、浜松町まで歩いて、羽田に向かう。
羽田コンビニで九州風ちらし寿司(高菜・明太・鶏そぼろがアクセント!)と105円惣菜をGETして、ラウンジでプレミアビール飲みながら、食事。



伊丹から直帰し、帰宅後、おとなしくビール2本と「さきいか」で〆る。

ラベル:つけ麺
posted by しま at 19:40| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。