2009年09月19日

飲み会連荘@東阪

6月8日(続き)

遠征先でそのまま同僚と終業後の飲みに突入。

1 かっぽうぎ

いつものように、生ビールとおつまみ三品セット 1000円から開始。
いつものように、キンミヤボトルに突入。
珍しく、串かつ盛り合わせ 大量12本をいただく。



脂ぎって、帰宅。

6月9日


朝、いつも和食パターン。ご飯・味噌汁・海苔・ふりかけ・牛乳・ヨーグルト・フルーツ。
おかずという概念が完全に欠落しています。
昼は、カップ麺で済ませて、市内遠征して、珍しく直帰で家飲み。

6月10日

午後からのミーティングにあわせて、午前便でゆったりと上京。
昼は、路傍の弁当 タイムサービス 400円を仕入れて、自席でいただく。
ミーティングをこなした後は、中央区に遠征し、終業後、新宿に戻る。

2 山根商店

早い時間に戻ってこれたので、久しぶりに肉屋の立ち飲みに行ってみる。
ビールを飲みながら、「レバ刺し」


続いて、生ということでは、ここでしか食べられないかもしれないという逸品
「子袋刺し」



 

お店のお母さんにモツ焼きを10本焼いてもらって、持ち帰りで宿飲みにする。
モツ焼き・焼き鳥は、1本100円です。

深夜に物足りなくなって、歌舞伎町に出てしまう。

3 ねこ膳

いつものホッピーを寝酒に飲んで、今日はおしまい。

6月11日


朝は、自席で牛乳とヨーグルト。
昼は、昨日の残りの惣菜「肉じゃが」とカップうどんで済ませて、晩の会社呑みに備える。

4 ふくの鳥

宴会コースが、4000円で2時間飲み放題付。ここまでなら、よくあるパターンかもしれないが、飲み放題の麦酒が、なんと「プレミアモルツ」なのだ。これは、奢っているよ。
料理も付き出しに宇部のかまぼことか、結構凝ったものがサーブされるし、刺身もつくし、焼き鳥もつく。カレー味のつくねなんて、食べたことないよね。揚げ物がついて、最後に鍋。
豚バラと野菜鍋だが、野菜の量は今ひとつですね。
それでも〆に出汁を足して、ラーメンにするとお腹ポンポン…
これで4000円は、かなり秀逸かもしれない。

明日の朝便に乗るのでで蒲田に移動。
さすがに飲みつかれて、宿直行でした。

ラベル:ホルモン 串かつ
posted by しま at 23:50| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。