2009年09月20日

止まらない爆飲@新宿

6月23日(続き)

新宿でコンビニ仕入れで宿飲み。その後、深夜の歌舞伎町徘徊。
いつもの我聞の並びから少し左に入ったところの立ち飲み発見!
で、当然のように激しく反応して、呑んで食っているのに、IN!

1 花月

立ち飲みという割に椅子はあるし、客はいないし、スタッフは多いし…
っていうか、韓国系のお店みたい…じゃあ、オーダーは「キムチ!」



うまかった。飲み物も安かった。今度また来ようっと!

6月24日

東京オフィスで終日お仕事。
夜は新宿に戻って、またまた爆飲モード!

2 バーンリムパー

新宿三丁目要通りエリアにあるタイ料理店だが、中に入ると…狭い!狭すぎる!
ホール係りが店内を歩くたびに食事が中断され、通れるように見守らないといけない状態。
これではお店で食べている意味が無い。
そんなにしてまで席数を確保したいのね。

「甘ったるいココナッツソースの海老の炒め物」



「辛くない激辛焼きそば」



「油ギトギト」の蒸し鶏ライス



ちょいっと、疲れたかしら…
そのまま、宿に戻るかと思うと、やはり不完全燃焼?!

3 やちよ軒

24時間営業のチェーン店食堂でビール呑み直し!爆!
22時まで生ビールが、250円で、おつまみが、100円台なので、使わない手は無い!
めかぶとげそ唐で、生中×2!
で、22時過ぎたので退散。



これで終わるかと思いきや、爆飲の夜はまだ続く!

4 鳥泉(鳥せん)



22時半を回り、遅い時間だが、大丈夫であることを確認して、カウンターに陣取る。
まずは、生麦酒 500円と極めて標準的。
で、焼き物は…っということでメニューを見るが、値段が書いていない。それでも盛り合わせが、6本。コースが、8本+一品+デザートということがわかった。
とりあえず、盛り合わせ6本をオーダー。まあ、単価200円としても1000円ちょいだなという感じ。
正肉・ネギマ・ハツ・肝(たれでいただく)・砂ズリ・うずらなどなど炭火の焼き立てアツアツをそのまま口に入れるとやはり「うまい!」
他のお客ささんがいなかったので、目の前で焼いてくれて、バットにとって、はいどうぞ!って感じでとてもよかったですよ。
お値段も想定内で妥当でした…ということで今日の爆飲がようやく終了。
おやすみなさい!
ラベル:タイ料理 焼き鳥
posted by しま at 23:48| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。