2009年10月18日

懐かしい味と思い出@三条京阪

9月23日(続き)

三条木屋町から先斗町に向かうとこぎれいなラーメン屋さんを発見!
まだ新しい感じがします。
午後2時を過ぎて、店頭に呼び込みの若い子がいたので、入ろうとすると、なんと満席。
しばし、待つことにするが、その間に3組ほどが列に加わる。結構な人気店の模様。

1 宝屋



カウンター席に案内されると足元に荷物を入れるかごが置いてある。実はこの小さな気遣いがうれしかったりするのだ。
着席後に、まずはビール。おっと、プレミアモルツ(中ビン)じゃないですか。これは、非常にうれしかったりするのだ。
京都ほしやまのキムチ(150円)をオーダーし、つまみにする。



ラーメンは、ノーマルラーメン 600円をオーダー。
トッピングがない分、お安くなってます。



お味は、そうそう、京都のラーメンってこんな味だったよねという感じです。妙に懐かしくて、印象に残る味です。
すべてにおいて、平均点を上回る優等生という感じでした。



食後に久しぶりに河原に出てみる。
河原町や木屋町でコンパと称して、大酒くらい、最後は川にはまるという生活をしたのは、もう20年以上前だよ。



当時は、泥酔しても向こう岸まで行って、戻ってくる体力があったんだよね。
一度、転んでおぼれかけたけど…爆!
今日は、おとなしく、私鉄で帰宅して、シルバーウィーク終了!
posted by しま at 10:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。