2009年12月29日

今シーズン二度目の河豚@府下

12月9日(続き)

夕方から遠方より来客。簡単に打ち合わせ後に大阪で河豚を食べたいとのこと。
今シーズンは、一度河豚会席をいただいているが、当日予約無しで食べれるとしたら、大衆店でしょう。
12月に予約無しで飛び込みですから、これが大阪の文化です!

入店時は、若干待たされましたが、案内された和室は小さな椅子があり、座るのも楽ちんで腰への負担も少なかったです。
とりあえず、入門編コースをオーダー。

【箸遊】季節野菜とふぐの小鉢 …これがいきなり、その後を期待させる出来です。
【刺身】てっさ2種盛(薄造り・創作)…創作はかなり好評でした。



【焼物】特選焼ふく三種盛 (しお、たれ、すだちを選択)…卓上コンロで焼き上げます。
【鍋物】てっちり…無条件、うまい!
【飯物】ふく雑炊

追加で「唐揚」もいただきました。
ひれ酒は、2杯までお代わり可ですので、きっちり3杯いただきました。
ひれ酒を満喫して、1人7000円で河豚コースをいただけて、満足です。
遠客を地下鉄駅まで送り、喜んで帰りましたよ。

さて、こちらは私鉄で最寄り駅へ。
近隣市ですが、こちらも負けず劣らず、イルミネーションで格好をつけています。



そのまま、懸念の餃子へ突入。

2 南紀

20年以上前から営業しているような気もするが、いつも看板では、「餃子 8個 200円」とか、「ラーメン 400円」とか破格のお値段でアピールしてくれている。
で、今回、思い切って、中に入ってみる。
呑んできているので、ビール(大ビン 500円)と看板の?餃子をいただく。



焼きあがったのは、まったく普通の餃子です。呑んでいたので、特色らしきものもよくわかりません。あまりにも普通だし、これで200円なら、気取らず、飾らず、本当によい意味で家常菜です。

ひれ酒の余韻ウォーキングで帰宅。
追加でビールを飲んで、終了。

posted by しま at 12:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。