2010年01月03日

あなどれない315円@新宿

12月21日(続き)

伊丹から移動して、一仕事終えて、新宿に戻ると20時。
何か食べに行くかって事で東口からアルタ裏へ出てみると、麻婆豆腐専門店みたいな看板があったので、3階まで上がってみると満席…
とぼとぼ階段を降りたら、2階も中華屋さんだったので入ってみる。

1 商い屋

気が付かなかったけど、全品300円均一のお店。
飲み物も300円だよ。
これは当たりかもねってことで、まず生ビールと野菜。
「豆苗炒めと大根サラダ」



そうそう、そもそも麻婆豆腐を食べたかったのね…
ホール係りに「辛くしてください!」とリクエストするが、どうも日本語が通じないみたい。
「辣!ラ!」でOKなのね。



このお店は、餃子の専門店並みにいろんな種類があるのよね。
どれでも3個300円と微妙な価格設定です。
標準が「活気餃子」です。



変り種というか変化球もチョコレートとかいろいろあるけど、さすがそれはあんまりでしょう…爆!
「紫蘇いわし餃子」
ハンバーグぽくって、ちょっとした変化球でした。



ビールから紹興酒に切り替えます。
熱燗にしていただくと、グラス一杯で持ってきてくれます。
これで300円なら、値打ちありますよ。続けて「チーズトマト餃子」
変化球だとわかっていたけど、まあ普通にいただけました。



このお店は、食事も300円なのです。
どうせハーフだろうとオーダーした「野菜麺」
ところが小ぶりの丼いっぱいに盛られたラーメンが出てきました。
器はハーフでも中身は、1人前あるでしょう。



こちらもハーフだからとたかをくくってオーダーしてしまった「辛い炒飯」ですが、普通に1人前あります。



ってことは、ここではいきなり食事と餃子を食べると、それだけでお腹一杯になれるってことです。
次回は、そのパターンで攻めましょうか。

お腹一杯になって、腹ごなしにライブハウスに出かけて、踊って叫んでストレス発散。
午前様で帰館。
ラベル:300円均一
posted by しま at 01:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。