2010年01月31日

久々の大ファール@新宿(PartT)

1月18日(続き)

梅田でおいしいうどんをいただいた後、オフィスに戻り、打ち合わせをして、夕方便で上京。
羽田から新宿直行して、夜の部開始。
 
1 ○○漁業部
 
5丁目交差点にある○○県からやってきた鮮魚系居酒屋です。ビルのワンフロアをドォォォンと借り切っている広いお店ですが、新宿の夜8時なのに客がいない… まばらなお客さんの入りがすべてを物語っていました。
付き出しと生ビールから始めて、ますは白子ポン酢から…ねっとりしてます…
 


レンジで温めるのはよいのですが、十分に温まっていない「鰈の煮付け」
これが、700円ほどしますので、結構いい値段です。



蟹とあわびとホタテの3点盛は、半額で888円…って、地元の○○県民は、これを1800円弱も払って食べているのか…ふぅぅぅん…
新宿で1800円払ったら、何が食べれるか、知っていての価格設定かしら?



「ピリ辛 牡蠣フェ」
韓流ブームでメニューを作ったのね…



「アサリ稲荷」…アイディアはOKです。
上に載っている佃煮風なのは、ちょっと出来合い感あり過ぎか…



このげそ天は、OKですよ。このボリュームで294円ですから、十分新宿でも通用します。



逆にそのほかは、通用しません、ということを物語っている客の入りです。
店内のディスプレイが、さびしそうです。
本当にお客さんは残酷なまでに正直ですね…



お会計は決して安いわけではありませんが、まあ居酒屋の範囲内でした。
和食で外したので、次で挽回しますか…
(まだ続く酒編…)
posted by しま at 22:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139892588

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。