2009年11月01日

巨大×(刺盛+烏賊天)@新宿

10月12日(続き)

宿で十分休養して、西新宿お滝橋方面に繰り出す。
西新宿の小滝橋通りと青梅街道に挟まれたエリアにある海鮮居酒屋をチェックしていたが、とても入りにくい雑居ビルの5Fにあって、こんなところに来る人いるの?と思うロケーションでした。

1 いかセンター

ところが、日曜日なのに、人があふれています!
ほぼ満席ですよ。これぞ、繁盛店です。
とりあえず、「刺身10品盛 2500円」をオーダー…



すみません、見くびっていたかもしれません。
これはかなりのボリュームです!
パートT「くろむつ・めばちまぐろ・しめ鯖」





パートU「なかおち・小粧鯛・かつお・さざえ」




パートV「いさき(子)・しまあじ」





で、後一品は…?
なんと「卵焼き」!爆!(刺身かぁ?)
刺身にあわす日本酒もお勧めでいただき、いい感じです。
野菜は、オクラをそのまんま茹でたものをいただきました。侮りがたく、うまい!



さらに店名の通り、烏賊を食べないといけませんなぁ…ということで「烏賊のてんぷら」
こちらも結構なボリュームです。



とにかく、ネタになる居酒屋で楽しめました。
お値段もそこそこいきますので、余裕のあるとき用ですね。
そのまま、青梅通りに戻り、寝る前の〆にします。
(めし編に続く。)

posted by しま at 14:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

餃酒両全@四条畷

10月10日(続き)

飯盛山から下山すると、四条畷神社に下りる。
本殿では、結婚式が行われている。
一応、願い事があるのでお参りしておく。



境内にある銅像?
「忠孝両全」だそうだ。
まあ、世の中には「つりあい」といものがあるのだが、高いレベルでつりあわないといけないのでしょう。



ということで四条畷神社を後にして、JR駅まで下る。
駅前の踏切を渡るとそこにいつものチェーン店があった。

1  餃子の王将

今の王将は、昔の王将のように小○ないお店ではなく、これが王将かと思うくらい小奇麗なお店。
それに、これが王将かと思うくらい、愛想のよいスタッフがいる。



王将といえば、店名そのものの「餃子」でしょう。しかもこのご時世に6個で210円。
王将で一番コストパフォーマンスがよかった大ビンも今や504円します…



それでも餃子も麦酒も両方いいんです。
まさに餃酒両全です。
帰宅後も飲み続けて、沈しました。爆!
posted by しま at 21:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信心と餃子@石切

10月4日(続き)

日下園地を下り、登山道が終わり、住宅街になると近鉄石切駅に着く。
駅前には、スーパーらしきものはあるが、基本的には「俗物は何もない急行停車駅」なのだ。
ここから石切神社への下る参道は、占い通りと化しているのだ。
途中にある「石切大仏」



さらに下るとやっと平地になり、本殿が現れる。
ここが日本人の信心の象徴なのだ。
いつ来ても何人もの人が、一心不乱にお百度を踏んでいる。
石切さんは、できものの神様…
お百度の人たちは、神様にすがるしかない状況だと察せられる…



今日は、天気もよいし、池の亀も甲羅干ししてます。



さて、参道をさらに下りると新石切駅になる。そして、「旧外環」のバス通りに出る。
「旧外環」の交差点角にチェーン店があるので、早速ガソリン補給だ。

1 大阪王将

夕方のこの時間、店内は空いているが、それでも数人の先客がいた。
中華レストランというといい過ぎかもしれないが、それなりに小奇麗な店内。夕刻の空いている時間だったので、一人でもテーブルOKと案内されるが、カウンターへ。



プレミアモルツなのがうれしい!
中ビン 500円もうれしい!
餃子は、「味噌だれ」が、うまい!

下山即飲みが醍醐味ですね。
16:45のバスで野崎さんに戻り、自転車を置いたスーパーで「半額サービスの焼き鳥」を仕入れて、帰館。
焼き鳥で家飲み継続。
久しぶりの山歩きに癒されました。
posted by しま at 11:11| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

ホッピーセットで290円!?@新宿

9月30日

今日は、上半期の〆日。ほんまに仕事が激減した半期でした。
しかも朝から大変な電話が入るし、象徴的な日になってしまいました。
終業後、新宿に一旦戻る。深夜時間帯になって、立ち飲みにGO!

1 電撃酒場

東口から靖国通りに出る途中に新しい立ち飲みが出きていた。
しかも「ALL 290円!」
ほんまですかぁ?
ということでメニュー拝見…



ほんまですやん!
しかも「ホッピーセット」まで290円。
しかもしかも、中も290円なんてオチではなく、中は120円!
えらいよ、電撃クン!
「ぴり辛棒々鶏」をいただく。
普通に食えます。



TVの深夜ニュースで村尾さんを見ながら、揚げ物を追加オーダー。
「げそ唐揚」
ちょっと時間がかかったけど、熱々でハフハフ言いながら、おいしくいただきました。



明日の朝便で移動のため、0時33分の新宿発の山手線で蒲田に移動。
1時過ぎ宿着。さすがにぐったり…

posted by しま at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超臨界ホッピー@新宿

9月29日

さずがに前日、遊び過ぎたかも…
朝は牛乳、昼はカップ麺…
今日はおとなしく宿に帰ろうと思ったら、なんと雨が降ってきた。
新宿着いてから、地下道でいける範囲で…ってここしかないじゃん!
あくまでも雨宿りのために寄るのだからね!

1 ねこ膳

いつもようにホッピーセット。
若ボンのセールトークに乗って、秋のメニュー「かぼちゃのサラダ」をいただく。



続けて、バリエーションを増やした「手羽先」をいただきながら、久しぶりのホッピーをぐびり。
ホッピーセット2週目の突入したところで、若ボンがやってくれたぁぁぁ!



「超臨界ホッピー!」
それに1杯目のジョッキから氷を突っ込むとなんと「焼酎ロック ジョッキ」が完成!爆!



「手がすべっちゃって…」
おう!どんどん滑らせてくれ!

この超臨界ホッピーを飲み干したと思ったら、なんと小康状態の雨がまた降り出した。
これ以上、呑むとさすがにヤバいので、切り上げ。
何のための雨宿りだったのか?爆!

飲んでしまうと小腹が空いたのが気になって、コンビニの誘惑に負けて、塩焼きそばGET。



さすがに超臨界だけあって、いつの間にか撃沈していました。
気がつくと午前2時。飲みかけの缶チューハイを流し込んで、2度寝…
posted by しま at 18:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またかよ…@新宿三丁目

9月28日(続き)

一旦、宿に戻ってから、出直し。
三丁目交差点角のビルにある居酒屋へGO!

1 咲くら

某ビール会社の系列のチェーン店です。他の店舗にも行ったことがありますが、印象はあまりよくありません。
平日の18時ですが、店内はガラァァンとしてました。
その割りに通されたのは、厨房で入り口近くの席…いったい何を考えているのか?

プレミアモルツ生をオーダー。これは、素直にうまいです。



しかし、付き出しがですね、微妙にくさい…

旬のさんま刺身は、8切れで800円以上ってことは、一切れ100円以上ね…
この盛り方は、いかがなものか…



サラダの青トマトは、青いトマトじゃなくて、青くて熟れていないトマトのことかしら?



マグロユッケは、OK。お値段はしますが…
半熟卵をつぶして、混ぜて食べました。



で、魚を焼いてもらおうとして、ホッケをオーダーするとなんと「品切れ…」
開店後に売り切れたわけはなく、単にないのだ。
居酒屋でグランドメニュー、しかも普通に考えて、オーダー多いでしょ…
それがないというのは、不漁だったのかしら。すし屋で、マグロがないに等しい醜態ですな。



代わりというわけではないのだが、いわしの丸干しを焼いてもらう。
もちろん、いわしはいわしとして、おいしくいただきましたよ。

このチェーンはこんなもんだろとわかっちゃいるけど、裏切られたというか、この程度かという思いが募りますねぇ…
さて、20時過ぎたけど、ちょっと腹ごなしに行きましょう、ということでいつものライブハウスで飲んで踊って、おや、もうシンデレラね…
(めし編に続く。)

posted by しま at 16:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

お得なセットに癒されて…@山科

9月20日(続き)

登山道の終点には、ここが疎水沿いのジョギングコースだという案内板があった。
確かにこれを見たことがある。ここから山科駅まで2kmくらいはあるだろう。



疎水といってもコンクリートで作られた川に沿って、歩く。
「まむし注意」の看板があるところが、ちょっと怖い…爆!



山科駅に着いたのが、15時なのでランチ後、3時間の山歩き終了。
となると後は飲むしかないでしょ! 爆!

1 aa

駅前で目に付いたのが、このチェーン店。かなり、引きそうな外観だが、中華料理は、小○いお店ほどうまい!の法則を頼りに中に入ってみる。
いやぁ〜参った。いたるところにメニューが張り出されているが、油で読めない。
ここまで来ると国宝まで行かなくても府の文化財クラスだ!
メニューに頼らず、とりあえず、餃子でビールだ。
オーダーしてから、壁のメニューを良く見るとセットメニューがあるではないか。
急遽、秋セット 1000円への変更を依頼すると快く応じてくれた。
早速、豆腐の蟹あんかけがサーブされる…値段に反して「うまい!」



だって、1000円の内訳で、ビール500円で餃子280円なのだよ。
ということは、後2品「豆腐の蟹あんかけ」と「鶏唐揚2個」は各110円という計算をしたら、とてつもない大ヒットだよ。
勢いあまって、ビール追加!爆!
餃子は、痩せ餃子でしたが、まあまあ食えました。「鶏唐揚2個」は揚げたてアツアツで食えました。
山歩きの疲れも癒され、お得感にひたりました、とさ。



その後、JRで京都駅に出て、奈良線東福寺駅で私鉄に乗り換えて、明るいうちに帰宅。
久しぶりの京都山歩きだったが、この連休中にもう一度いこうと思ったよ。
タグ:aa
posted by しま at 21:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

落差のツーショット@大門

9月18日(続き)

六本木から大江戸線で大門へ出て、浜松町からモノレールに乗ろうと決めた時点で「もつ焼き」決定!

1 秋田屋

久しぶりに立ち寄るとまたまたもつ焼きが値上げだとよ…
2本で360円ってことで、あれよあれよという間に20円ずつ値上げ実行中。
とりあえず、大ビン(これも580円だし、大衆居酒屋からどんどん遠ざかるよ…)と
「タン・ガツ・たたき」



たたきは、相変わらず、1人1本限定で220円据え置き。
軟骨入りのショットを狙うが、ピンボケでした。



ビールがなくなったので、新参メニューの「レモンハイ 400円」をいただく。
ジョッキでサーブされるのは、よいが、やはりアルコール入りレモンジュースですわ。



レモンハイを2杯いただき、200円超えて、会計。
外に出ると東京タワーと秋田屋が並んでたので、ツーショット撮りましたとさ。
なんかなぁ…って感じの落差ですね。爆!



モノレールで羽田に出て、伊丹行き最終までに、ラウンジでビール三杯飲んでゆくる。
伊丹から直帰して、缶チューハイロング二本で〆。
なんやかんやで、結構飲んでんジャン!爆!
posted by しま at 16:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

ガソリン補給@得一

9月13日(ダイエット編よりワープ)

散歩の足を放出から緑橋まで延ばして訪問。

1 得一

15時過ぎだが、TVの下には、すでにでき上がったオヤジたちが群がっている。
その視線は…そうかぁ!ここでも競馬かぁ!

 

ギャンブルには興味も関心も無いので、とりあえず、ビールから始める。
晩ご飯は家で食べないといけないので、軽く奴をいただく…
って、100円ですぞ!ワインコインですぞ!



豆鯵唐揚と串かつの揚げ物コンビをいただき、焼酎水割りにスイッチ。



最後にげそ串焼きでおしまい。
この姿で120円は、得一にしては、ちといただけませんな。
それに串に刺す必然が無いですね、これでは…爆!



日曜日で学校が休みなのでしょう。カウンター内でいたいけなお子ちゃまがお手伝いしていましたが…個人的には、お子ちゃまに注がれてもあまりうれしくないですね。
ということで、ガソリン補給を終え、ダイエット編に戻る。
posted by しま at 23:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

四半世紀の時空を超え、はしご酒@西院

9月8日

午前中は、大阪オフィスで打ち合わせして、午後から京都遠征。
客先訪問もつつがなくこなして、一旦終了。
さて、いい時間なので、思い出の街に足を向けよう。
その足は…「嵐電」
いつの間にこんな広告車両になったのだろう…



電車を降りて、四条通を東に…
「今日は、バイト代が入ったから、まついで飲もうや!」
「今度のコンパは、まついに集合!」
「とりあえず、まついにでも行くかっ!」


学生時代の思い出の店に行くことにする。

1 まつい

酒屋の地下にある酒屋直営の居酒屋。地下への階段は、「魔界の入り口」
ここの階段を自力で上がりきれずに何人の若者が撃沈したんだろう…(そのうちの一人は、今も撃沈オヤジだ!爆!)

あれから、四半世紀…
富山県出身のおばちゃんは、健在。
だが、大おばちゃんの姿は見当たらない…
まったりと時が流れる、今風のチェーン店居酒屋では絶対に味わえない時の流れなのだ。

ビールは、大人になったのだから、エビスにしよう。
万願寺唐辛子を焼いてもらい、奴もいただく。



むちゃくちゃ懐かしい「串かつ」
豚肉とたまねぎの正統派!




まつい、と言えば、おでんだったのだが、昔のおでん鍋も無い模様。
「おでんは、やってないの?」

「もう、冬だけにしたんや。」


「昔は、年がら年中おでんあったよね…っていうか、あの頃は、おでん食べるくらいのお金しかなかったんかなぁ…」
(笑×2)



きっと、遠くない将来がやってきて、時の流れが、人間にとって絶対だと思い知らされるであろうお店になると思う。

しっかりした足取りで階段を登り、阪急の駅裏側に向かう。

2 松岡

照明を暗く落として、こじゃれ系の演出。それにカウンター内の若い兄ちゃんが2人とも今風の若者なのよね。こりゃ、オヤジの店ではないかと思いきや、客はオヤジ系でした…爆!
おでん鍋があり、おでんメニューを確認すると「湯豆腐 120円」とリーズナブルなのだ。



さらに焼き物に「激辛つくね」の文字を発見。しかも1本取りOKとのことなので、いただいてみる。これも1本120円。



場所的に駅から少し離れていたり、暗めの演出だったりで、結構穴場っぽい感じが素敵なお店でした。
駅に戻る途中にまだまだわなが仕掛けられていた!
「生ビール 100円」という表の看板に釣られて、テントをくぐる。

3 



ちゃんとした生ビールが、出てきて、「これ、100円ですよね。」と確認する貧乏オヤジ…
YESの回答をいただき、もはや飲み放題決定!
野菜が不足しているので、「梅きゅうり」をいただく。



後はぁ…なんて、黒板のサービス品を見ると
「ホタテ串かつ…30円!?」
はぁ?誰か、いたずらで「0」消したんちゃうか?って感じでこれも確認する貧乏オヤジ…
「ホタテの串かつって、1本でもいいんですか?2本取りですか?」

「1本でも大丈夫ですよ!」

「1本30円何ですか?」
「そうです!」



「じゃあ、2本ください!」
これだけで、とってもハッピーオヤジになれました。その上、出てきたホタテが意の他に「でかい!」



メチャンコハッピーオヤジのできあがり!



後は、記憶なくなるまで飲み続けて、気がつくと…「十三!」
いつの間にか、阪急乗ってましたとさ、爆!

posted by しま at 22:26| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。